豊富な治療法から理想の若返り

お顔のたるみは加齢により引き起こされる皮膚疾患ですが、最近では若年層の方でも生活習慣の乱れや紫外線などによる外的ストレスからお顔のたるみが見受けられることがあります。早めにケアすることで、進行していくお顔のたるみを改善することができます。シワと並んでお悩みに多いのが、頬や目尻のたるみ。シワ同様、加齢によりコラーゲンやエラスチンの断裂・欠乏、ヒアルロン酸の欠乏により肌の弾力が失われておこります。これは物理的に引き上げていく、あるいはコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸など肌内部の組織を強固にしていくことで改善します。気になる部位や深さ、ご希望の仕上がりイメージにより、ダウンタイム(※)の少ないものから外科的な手術まで、たるみを改善する治療をご用意していますので、まずはお悩みをご相談ください。
(※)ダウンタイムとは、治療から回復するまでの期間のこと。体質や施術の内容、アフターケアの内容により個人差があります。

  初めて若返りの美容整形をする方へ

皮膚のたるみは、部位(フェイスラインや下あご、頬など)、たるみの程度により治療法が異なります。美容外科外来にて、医師がたるみの診断を行い、適切な治療方法についてご説明します。
たるみの治療というと、手術を思い浮かべる方が多いと思いますが、機器や治療法の進歩により、手術によらない方法がいくつもありますので、気軽にご相談下さい。
しかしながら、手術治療の効果が一番高いことも確かです。

「若返りたい」という希望を叶えるために、どのような施術が必要なのか、患者様一人一人に合った施術をご提案します。

メスを使わない たるみ治療

ほうれい線や頬のタルミを気にされる方、切るフェイスリフトに抵抗にある方はぜひ当院の切らないフェイスリフト「ブルーローズ」をぜひご体験ください。劇的な若返りとシャープな小顔が得られます。他のリフトとは全然違う引き上り感、後戻りの少なさは群を抜いています。
フェイスリフト手術という最終手段よりもレーザー治療という選択肢もありますが「目に見えてわかる」という効果はやはり手術には勝てません。また糸リフトを受けた場合、月々のメンテナンスが不要であり、確実なリフトアップが「目に見えて」分かるのは勿論のこと、劇的改善が現実のものとなります。

メスを使う たるみ治療

頬のたるみ、フェイスラインのたるみを取る手術は、いわゆるフェイスリフト手術と呼ばれる方法です。
耳の前から、頭髪内を切開して、皮下をほうれい線付近まではがし、皮膚のたるみと同時に、筋肉のたるみを取ります。

お悩みから探す

ほほの悩み

  • ほうれい線が目立つ
  • マリオネットラインが目立つ
  • はりがない

おすすめの施術

首の悩み

  • 横じわが気になる
  • はりがない

おすすめの施術

目の上のお悩み

  • 腫れぼったさが気になる
  • まぶたが重く目が開きにくい

おすすめの施術

目の下の悩み

  • くぼみ・凹みが気になる
  • くまが目立つようになってきた
  • つり目

おすすめの施術