レーザー治療とは

主に「肌の表面」のトラブルを改善させるレーザー治療システムです。しみ、そばかす、ボコボコ等を改善します。

  • しみ、くすみ、赤ら顔を改善
  • ダウンタイムも無い
  • 米国FDA承認レーザー

470~980nmの広域な波長帯を照射するため赤色と茶色に対する反応性が高く、薄いしみにも効果を発揮してくれるレーザーです。また、パルス幅が短いため破壊力にもすぐれています。これまでの光による施術効果に高周波が加わったことにより、美肌・アンチエイジング効果をプラスした治療です。

当院では、シネロン社が推奨しているe-maxのフォトRF(SRA)によるシミ治療、リファームSTによるたるみ・リフトアップ治療、マトリックスIRによる小じわ・毛穴・肌質改善治療の3つを組み合わせた複合治療をオススメしております。

3つの治療を組み合わせて行う事により、単体治療では引き出せない組み合せ治療による相乗効果がうまれ顔全体のアンチエイジングケアになります。

しみ、たるみ、小じわなど、加齢とともに増えるお肌の悩みに、肌の奥から活性化し、あらゆる悩みを改善していくことができます。

同日に全ての治療を行うことができるため、『忙しく時間がない』、『何度も通院するのが面倒』などといったお悩みも解決することができる優れた治療方法になります。

主に「肌の引き上げ」を行うリフトアップレーザーです。頬のたるみを耳側に向かって斜め後方へ引っ張る効果があります。

ウルセラ治療とは、HIFU(焦点式高密度超音波)という超音波を、熱エネルギーに変えて皮膚の一番深い層(SMAS層・顔の筋膜)まで届けることで、お肌のタルミを改善する治療です。ウルセラでは瞬間的にSMAS・筋膜を75℃程度まで加熱します。SMAS・筋膜は真皮層と違って点状に75度まで加熱されると強く収縮するため引き締め、リフトアップ効果が出ます。顔の筋膜に刺激を与えるため、施術直後は顔が筋肉痛の状態になります。東京ゼロクリニック銀座では出来る限り、一人一人の患者様にとって効果が最大限に生かせるよう3.0mm、4.5mmのカートリッジを変換させながら施術を行っております。

myQ.dual YAGレーザーは、2種類の波長(532nm/1064nm)のレーザーを搭載しており、幅広い表皮性疾患に対応することが可能です。

肝斑トーニングに使用可能

●皮膚層の浅い部分に作用
532nm波は、皮膚層の浅い部分に作用し、老人性(日光性)色素斑やそばかす(雀卵斑)、扁平母斑(茶アザ)等に有効です。
●皮膚層の深い部分に作用
1064nm波は、皮膚層の深い部分に作用し、肝斑やADM、ニキビ肌等に有効です

 

特にこんな方におすすめ

  • 顔全体細かいシミやそばかすがある
  • 肌のハリ感がほしい
  • 美白をしたい小じわや肌のキメを整え改善したい
  • スキントーン(肌の色調)の改善・透明感をだしたい
  • 手軽に治療をうけたい

肌に関する全てのトラブルを一度に改善を狙うトリニティ治療~

フォトRF(SRA)

 IPL(光エネルギー)と RF(高周波エネルギー)を組み合わせた相乗効果により、安全に肌の奥深くまで効果的にエネルギーを浸透させることが可能になっております。
真皮上層までアプローチできることで、色調(シミ・赤み)だけでなく、ハリや毛穴改善効果も期待できる、人気の高い美肌治療です。

IPLは基本的に黒いものに反応する波長を主として、メラニン色素に作用し、しみ・ソバカスを改善してくすみを解消します。同時にRFが真皮層の線維芽細胞を刺激します。RFによる熱の効果でコラーゲン・エラスチンが増生し、たるみや毛穴に対して軽度の引き締まりをみせます。

光を超えたスキンケアになります。

リファームST

 700~2000nmの赤外線とRFのダブル作用により、真皮層全体に効率よくエネルギーが浸透していきます。
真皮全体のコラーゲンに熱を与えて収縮させ、新しいコラーゲンの再生を促してくれます。
タイトニング効果が治療直後から実感でき、“痛みの少ない”タイトニング治療として注目されてつつあります。

シネロン社のe-maxの中のひとつであるリファームSTは2つの選択性の異なるエネルギー(赤外線と高周波)を組み合わせ、安全に肌の引き締めを行う機器です。

同時に照射することにより真皮組織を全体的に加熱することでコラーゲン繊維を即時に収縮させ、長期的には創傷治癒過程で新生コラーゲンを増成させます。

痛みの少ないタイトニング治療です。

マトリックスIR

915nmのダイオードレーザーとRFを組み合わせ、格子状にレーザーを6分割して照射することにより、エネルギー密度の高い帯(サーマルバンド)をつくりだし、深達度を高めることが出来ます。
それにより、少ない痛みで強力な加熱を可能にし、小じわや毛穴改善効果を高めた最新の美肌治療です。

主に小じわや毛穴に対して実感できる効果を発揮するダイオードレーザーがフラクショナル化された機器です。レーザーエネルギーと高周波(RF)エネルギーを組み合わせて相乗効果を生み出し、レーザー単独の治療よりも効果や安全性を高まりました。

短期的にコラーゲンの収縮、長期的に線維芽細胞を刺激し創傷治癒過程におけるコラーゲンの増生を促し、肌にハリを与え、小じわや毛穴に対する効果が期待されます。

 

効率の良い強力アプローチ

術後の経過とリスク

赤み 直後〜約1、2時間程度
冷却後治まることがほとんど。
痛み SRA照射時に輪ゴムではじかれる様な感覚があります。
ひりつき・熱感 直後〜約1から2時間程度
シミの黒化・瘡蓋 直後から濃くなり10日程度で自然に脱落し薄くなっていきます。
軽度の火傷 ほぼありません。
過度に日焼けをした肌に照射した場合起こり得る場合がある。
色素沈着 潜在的に肝斑がある場合、まれに肝斑が悪化する場合があります。
治療を中止する事で1ヶ月から3ヶ月程度でおちつきます。

トリニティ治療の費用(税別)

フォトRF(E-MAX)治療 ¥12,900
リファームST治療 ¥12,900
マトリックスIR治療 ¥12,900

トリニティー治療(標準)

¥32,800
トリニティー治療(フル)

 

¥49,800

施術の流れ

FLOW1

問診表のご記入をお願い致します。

FLOW2

看護師またはカウンセラーによるカウンセリングをさせて頂きます。

FLOW3

院長によるカウンセリングをさせていただきます。

FLOW4

洗顔をお願いする場合がございます。

FLOW5

施術内容にもよりますが通常約30~90分程度になります。

FLOW6

終了後問題が無ければお帰り頂けます。

FLOW7

定期的にされると綺麗なお肌を維持することが出来ます。

トリニティ治療の症例写真

症例

 before
 after

 

症例

 before
 after

トリニティ治療のよくある質問

痛みはありますか?
A.多少痛みを感じるものもありますがどれも耐えられます。
施術間隔はどれくらいですか?
A.だいたい4週間間隔をお願いしております。

担当医から一言

しみやくすみ、たるみに毛穴と幅広い悩みに対してあぷろーちできるのがトリニティ治療になります。同時にマルチなケアをされることをオススメ致します。