バッカルファットとは

 

 バッカルファットとは、こめかみから頬の内側にかけて存在する脂肪のことです。フェイスラインのもたつきやたるみの原因になるとも言われております。

 また、年齢と共に徐々に下に下に垂れ下がってきます。バッカルファットを取り除くとたるみの予防や小顔効果が得られます。ただし適応がありますので医師としっかりカウンセリングしてくださいね。

特にこんな方におすすめ

  • 頬のたるみが気になる方
  • ほほをスッキリさせたい方
  • 小顔になりたい方
  • よく口の内側を噛んでしまう方

バッカルファットの術式について

バッカルファット

ハイグレード埋没法

手術は局所麻酔で行います。
痛みが心配な方は静脈麻酔や笑気麻酔の追加をされてくださいね。
口の内側、頬の粘膜を4~5㎜ほど切開します。
そこから余分なバッカルファットを引っ張り出して切除、摘出していきます。全て切除するとは限らず、バランスを考えてキレイになるように調整いたします。

傷は解ける針で3針縫う程度で、自然と溶けますので抜糸の必要もありません。

バッカルファットのメリット

傷跡が口の中!治れば分からない!ダウンタイムが少ない!

術後の経過とリスク

術後経過 大まかな腫れ:1~4日目程度
自然に見える:1週間程度
生活制限

洗顔とメイク:術後24時間後

リスク 翌日くらいまで違和感があると思いますが徐々に落ち着いていきます

ハイグレード埋没法の費用

バッカルファット除去術 ¥300,000

オプション

笑気麻酔

¥30,000

オプション

静脈麻酔

¥100,000

施術の流れ

FLOW1

問診票のご記入をお願い致します。

FLOW2

看護師またはカウンセラーとのカウンセリングをさせて頂きます。

FLOW3

院長との診察がございます。

FLOW4

施術の前にうがいをしていただく場合がございます。

FLOW5

施術開始。痛みが無いか確認しながら施術を行ってまいります。

FLOW6

手術終了後、問題が無ければお帰り頂けます。。

FLOW7

溶ける糸で縫合するため抜糸は不要です。

バッカルファットの症例写真

症例

 before
 after

 

症例

 before
 after

 

バッカルファットのよくある質問

食べ物は食べられますか?
直後は麻酔の影響で食べづらいので、術後2~3時間後から柔らかいものから摂取して下さい。
手術は痛いですか?
患者様によって感じ方は違いますが、我慢できる程度です。

担当医から一言

バッカルファットは適応かどうかの診断がとても重要になってきます。また取りすぎてもほほがこけてしまう等のリスクもあるため、しっかりお顔を診察したうえで処置をしていきます。