豊富な治療法から理想のあの頃の肌へ

ほうれい線の改善法は多数ございますが、ここではクリニックでしかできないほうれい線の改善についてご紹介いたします。
理想の肌をつくる「レーザー治療」と、美容クリニックによる処置の一つである「注射」です。他にも治療法は、メスを使うものから、糸を使った短時間で仕上げる方法があり、患者様のご要望をお伺いしながら施術内容を決めていきます。

ほうれい線とは(鼻唇溝)とは

鼻の両脇から、口もとにかけて伸びる太い線を「ほうれい線」といいます。顔の他の部分にできるたくさんのシワよりも、たった1本の線なのに、ほうれい線があるだけで、ぐっと老けた顔になってしまいます。メイクで目立たなくしようにも、深く刻まれたほうれい線はなかなか隠れてくれません。年齢が上がるにつれて、ほうれい線はできやすくなると思われがちですが、20代から気になり始める人も多くいます。老け顔に見えてしまうほうれい線の原因には、表情筋のゆるみやダイエットによる筋力の低下など、いくつかあります。中でも、皮膚の真皮が衰えて肌のハリや弾力が減少することが、多くの人に当てはまる大きな原因の一つです。真皮の衰えは、お肌の張りと弾力を生み出すコラーゲンやエラスチンが減少することで起こります。

 

ほうれい線の原因

真皮層にあるコラーゲンやエラスチンは、ハリと弾力、潤いのある美肌を生み出しています。もちろんそれらが不足すると、お肌はカサカサに乾燥し、ハリと潤いが無くなりシワが目立つお肌になってしまうのです。コラーゲンは繊維状のタンパク質で、網のように縦と横に真皮層内に広がっています。エラスチンはそのコラーゲンにからみつくように存在し、弾力性と伸縮性に特化しています。真皮層内にはその他、コラーゲンとエラスチンのすき間を埋めているヒアルロン酸、コラーゲンとエラスチン、ヒアルロン酸を生成する線維芽細胞が存在します。ヒアルロン酸は皮膚の中で水分を保持する働きを持っています。1gのヒアルロン酸で6Lの水分を保持できるとされています。エラスチンは、皮膚に弾力を与える成分です。これら成分が真皮層内に十分に満たされてこそ、お肌のハリと弾力、潤いが保たれているのです。これらが不足すると真皮層がゆるみだし、お肌にシワやたるみ、ほうれい線が生じてしまうのです

ほうれい線の原因と日常の行動

ほうれい線は、真皮層内のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの成分が減少して起こります。このコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が減少する原因はさまざまあります。

  • お肌の乾燥

  • 紫外線の影響

  • 間違ったスキンケア

  • 喫煙

  • ストレス

  • 生活習慣、食生活の乱れ

  • 喫煙

  • 加齢

などが上げられます。

施術方法から探す

ハイフ(ウルセラ)

  • 高密度焦点照射式超音波治療

詳しく見る

 

ヒアルロン酸

  • お肌の組成物の成分
  • 即効性がある

詳しく見る

 

 

再生医療PRP

  • 再生医療第3種免許取得
  • 自己血なので安心

詳しく見る

 

フォトリファーム

  • お肌のメンテナンスに最適
  • 赤外線と高周波が優しく治療

詳しく見る

 

水光注射

  • 表皮にハリを持たせて数回に分けて
  • 表皮にヒアルロン酸を注入

詳しく見る

 

ブルーローズリフト

  • 即効性がある
  • 頬全体のリフトアップが期待できる

詳しく見る