東京ゼロクリニック銀座|二重整形・脱毛・美肌・痩身

美容施術についてWebで相談する
  • 電話番号
  • メール相談
  • LINE相談
  • Instagram

3way血液豊胸

  1. HOME
  2. 診療メニュー
  3. 胸の整形
  4. 3way血液豊胸

3Way血液豊胸とは?

傷が残らず定着率が高い、ナチュラルなバストアップ

3Way血液豊胸とは?

ゼロクリニック式3Way血液豊胸は、採取した血液から特殊なジェルを作り、脇の下の1ヶ所から注射によって注入するというバストアップ施術です。重力に逆らわない自然で柔らかいバストを実現、切開を行わないため傷も残らず、身体への負担も少なく、乳がん検診や授乳にも影響がありません。

この施術はこんな人におすすめ

  • なるべく安全に確実に豊胸したい方
  • 傷が残る豊胸手術は受けたくないという方
  • バッグを入れることに抵抗がある方
  • しこりのリスクを減らしたい方
  • 体が細くて脂肪が取れない方
  • バストアップ効果を長期間持たせたい方
  • 一度の施術でバストアップしたい方
  • 触られてもバレない豊胸を希望される方
  • 寝転んだ時にバレない豊胸を希望される方

当院の血液豊胸が選ばれるワケ

一度の施術で効果を実感

一度の施術で効果を実感

定着率が高く、バストアップ効果が長く持続できる施術です。何度も通院を繰り返す必要がなく、一度の施術で直ぐに効果を実感できるため、心にも身体にも負担が少ない豊胸手術です。

身体に傷が残らない

身体に傷が残らない

血液からジェル物質を生成し、注射によって注入する施術です。切開の必要がないため、身体に傷が残りません。体が細い方でも脂肪採取の必要がなく、しこりのリスクもありません。

限りなく自然な仕上がり

限りなく自然な仕上がり

マシュマロのような弾力の自然な柔らかさで、サイズの大きさも自由に調整することが可能です。寝転んでも触っても違和感がないため、銭湯やサウナ、エステなども安心して過ごすことができます。

術後の生活制限や不安がない

術後の生活制限や不安がない

乳腺や乳管を傷付けるリスクがないため、術後の授乳やマンモグラフィーなどの乳がん検診も問題なく受けることができます。体型の変化や加齢によって不自然に見えてしまうというような心配もありません。

3Way血液豊胸と他の豊胸施術との違い

3Way血液豊胸 シリコンバック豊胸 脂肪注入豊胸 ヒアルロン酸豊胸
バストアップ効果 ◎一度の施術で効果を得られやすく、注入するジェルの量によってサイズを調節できる ◎一度の施術で効果を得られやすく、バッグの大きさによってサイズを調節できる 〇脂肪注入量でサイズを調節できるが、上質な脂肪が必要量採れることが前提 〇ヒアルロン酸注入量でサイズを調節できる
定着率 ◎術後のサイズダウンは起こりにくい ◎術後のサイズダウンは起こりにくい 〇徐々にサイズダウンするケースもある △時間とともに吸収されて無くなるため、繰り返し注入する必要がある
違和感のなさ ◎非常に柔らかく、重力に従って自然に動くバストが実現できる △皮膚が薄いと、仰向けでバッグの形が浮き出てしまうこともある 〇上質な脂肪が必要量採れれば、柔らかい感触のバストが実現できる 〇自然なバストが実現できるが、稀にしこりや違和感を覚えることがある
負担の少なさ ◎脇の下からの注射1本で注入できるため、身体への負担が少ない △脇の下を切開してバッグを挿入するため傷跡が残るほか、うつ伏せになると異物感を感じることも △脂肪吸引を行うため、身体への負担は大きい ◎短時間で終了する施術で、身体への負担は大きくない

3Way血液豊胸の特徴

ゼロクリニックオリジナル3Way血液豊胸は、採取した血液から細胞成分を除去した「無細胞プラズマジェル」を使用し、メスを使った切開などを使わず、脇の下の1ヶ所の注射によって乳房へ注入するというバストアップ施術です。仰向けに寝転んだ時に自然と重力で垂れる・動くと自然に揺れる、脂肪注入やシリコンバッグでは難しいふわふわで柔らかいバストを実現しました。また、「血液豊胸はすぐに無くなる」という欠点を回避するため、吸収抑制薬を用い、定着率をアップさせています。

無細胞プラズマジェルとは?

血液豊胸でよく使用される素材として「PPPジェル」などが有名ですが、これはわずかに含まれる血小板がしこりの原因として発生するリスクがあります。

当院で使用する「無細胞プラズマジェル」は、血液から細胞成分を完全に取り除いているため、しこりが発生するリスクを最小限に抑え、身体への負担も軽減しています。

無細胞プラズマジェルとは?

カップ吸引固定

血液豊胸が終了直後、プラズマジェルが乳腺周囲に集める目的でカップ吸引を行います。これは乳房の皮膚を伸ばす目的も兼ねており、術前の胸のサイズが非常に小さい方には1週間後の再診の期間までご自宅でも行っていただく場合もあります。血液ジェルは脂肪注入と違って水ようかんの様に柔らかいため、皮膚を伸ばしてスペースを作る必要があります。

カップ吸引固定

バウンド強化EMS

より弾力性に富んだ柔らかい胸を目指すのも当然ながら、触り心地やふわふわ感を均等に広げるために血液豊胸後は乳房全体にバウンド強化EMS処置を行います。

バウンド強化EMS

症例

片側200cc注入の症例

片側200cc注入の症例

片側200cc注入の症例

片側200cc注入の症例

3Way血液豊胸の経過とリスク

術後経過
1週間後に再診とEMS処置開始(モニターの場合オプション)
生活制限
手術当日~1週間はシャワー浴のみ。1週間はうつ伏せで寝ない。
リスク
どのような豊胸施術でも、感染症による腫れ、ゆがみなどが考えられますが、予防するための処置を施します。

3Way血液豊胸の費用(税別)

【割引豊胸モニター募集】
詳細をご希望の方はお電話にて

片側100cc注入
(左右合計200cc)
¥800,000
片側200cc注入
(左右合計400cc)
¥1,200,000
静脈麻酔
※追加オプション
¥100,000
笑気ガス麻酔
※追加オプション
¥30,000
再生医療デコルテPRP
※追加オプション
¥150,000

3Way血液豊胸施術の流れ

施術の流れ
STEP1問診
問診票のご記入をお願い致します。
施術の流れ
STEP2カウンセリング
看護師またはカウンセラーとのカウンセリングがございます。
施術の流れ
STEP3診察
院長の診察にて注入量や注入部位などを決定します。
施術の流れ
STEP4造血注射
術前の血液検査にて造血注射または鉄剤の投与を決定します。
施術の流れ
STEP5注入
手術当日、必要量の採血を行ったあとプラズマジェルを作成後、胸に注入します。
施術の流れ
STEP6カップ吸引
注入終了後、カップ吸引固定で皮膚を引き延ばしていきます。
施術の流れ
STEP7終了
一週間後のEMS予約を取った後、帰宅して終了します。

この施術のよくある質問

残念ながらシリコンバッグが入っていると血液豊胸は不可能です。

可能です。まったく問題ありません。

可能です。

可能です。脂肪注入(コンデンスリッチファットCRF等)などである程度、乳房周囲の皮膚が伸びていたら定着率も上がります。

改善可能です。しぼんだ乳房を復活させるにはとても効果が良い結果となります。

ごまかすことは可能です。しこり部分にケナコルト注射を行って周囲にプラズマジェルを散布します。

可能ですが、元男性の場合、乳腺脂肪がほとんどないのでシリコンバッグを推奨します。

院長から一言

以前の血液豊胸でよく使用される素材として「PPPジェル」などが有名ですが、この場合わずかに含まれる血小板がしこりの原因として発生するリスクが否定できませんでした。当院では細胞成分を除いたプラズマジェルを使用するため、しこりの原因を回避に成功しています。また、「血液豊胸はすぐ無くなる」という欠点を回避するため吸収抑制薬を使ってカバーしております。脂肪注入(コンデンスリッチファットCRF等)も非常に良い治療法ですが、体が痩せている方だと十分な脂肪が採取できないという欠点もあり、ご自身の身体から取れる材料を利用して豊胸手術をするなら、ぜひゼロ式・3Way血液豊胸をご検討ください。また、当院では乳癌の画像検査は行っておりませんのでご自身で事前にお願い致します。採血による検査はさせていただきます。

院長:高橋成太
院長:高橋成太

ページのトップへ

Mediaメディア掲載情報

二重整形情報サイトChel-チェルアイズ-で取材を受けました。