下まぶたタルミの悩み

目の下タルミ取り

基礎化粧品やエステ等のフェイシャルマッサージではまぶたの弛み、目の下のクマ、目尻の深いしわなどは決して改善されることはありません。残念ながらエステなどで効果を期待することは否定的で無駄なコストであることは身をもって感じている方が全員だと思います。確実な結果を求めているなら美容外科の診療を検討せざる得ません。特に目の下の加齢は致命的で、老けた印象は目の下タルミに大きく左右されます。

検討している方の主な悩み

  • 化粧品では限界がきている
  • エステで無駄な費用を使った
  • マッサージでは全然変わらない
  • 鏡を見るのが嫌になる

目の下の若返りについて

主な治療方法は3つある

①手術で改善を狙う

目の下たるみを直接に手術にて皮膚切除、脂肪取り、縫合を行います。勇気が必要ですが一番確実な方法です。

手術方法・ハムラー法

目の下タルミ取りシェーマ目の下の皮膚を切り取って、脂肪を下層に押し込み、下まつ毛際で傷が分からないように縫い込む手術になります。縫い込む際に表情筋の一部を一緒に持ち上げることで、外反(アッカンベー状態)を出来る限り回避する術式で、うまい仕上がりは「目の下スレスレで切る」ことです。これは非常に難しく、高度な技術を必要とします。失敗相談の多くは3つで、①アッカンベー状態、②切開線の左右差とガタガタ、③変わってない、になります。医師選びは慎重に行う必要があります(当院は大丈夫です)

 

 

 

②レーザーで改善を狙う

ハイフ(ウルセラ®他)やフラクショナルレーザーなど目の下から少し離れた部位なら照射可能ですが、効果は手術より乏しいのが現実です。

③注射で改善を狙う

再生医療で有名な多血小板血漿(PRP)等を注射して、目の下を膨らます治療です。

目の下タルミ取りのメリット

目の下のタルミが改善されることで、老け顔、疲れ顔のイメージはかなり改善されてきます。電車の窓に映る顔にも気にすることが少なくなり、精神的に楽になるメリットがあります。

術後の経過とリスク

術後経過 1週間後に抜糸予定
大まかな腫れ:抜糸3日目程度
自然に見える:1~2か月程度
生活制限 洗顔とメイク:抜糸2日目が推奨
コンタクト:術後3日目から
リスク 未熟な医師による外反(アッカンベー)、切開線の左右差

下まぶたタルミ取り(ハムラー)の費用(税別)

下眼瞼除皮・脂肪移動 (両目)¥298,000

下まぶたタルミ取り(ハムラー)の症例写真

下まぶた+上まぶたタルミ取り

上まぶた・下まぶたのタルミ取り

60代女性、加齢による目もとのタルミ改善を希望されたモニター様です。下まぶた(目の下)のタルミはもちろん、上まぶた(目の上)のタルミによる視野の狭さも気にされていました。同時に手術を行うことで、若々しい印象が出てきています。

施術の流れ

FLOW1

手術前はしっかり洗顔をしてもらいます。

FLOW2

鏡を見ながら医師と一緒に下まぶたを切り取る範囲のデザインを決定します。

FLOW3

手術台に移動、手術前に点眼麻酔を行い、浸透するのを待ちます。

FLOW4

点眼麻酔が効いた頃、まぶた裏に極細ニードルの麻酔注射(高濃度麻酔薬)を行うことで完全に麻酔効果が発揮します。

FLOW5

麻酔が効いたことを確認後、院長による手術開始、手術時間は平均20分~30分です。

FLOW6

手術終了後、まぶたのマーキングをふき取り、アイシング後、体調確認後に内服薬等をお渡しして終了となります。

FLOW7

術後1週間前後に再診をさせていただいてます(問題が無ければ、来院は不要です)。

 

下まぶたタルミ取り(目の下たるみ)のよくある質問

目の下がたるんで老けて見えますが、手術に抵抗があります。手術以外に方法はありませんか?
レーザー治療があります。手術が心配ならレーザーも選択肢の一つです。カウンセリングでご相談ください。
傷が心配です。目立たなくなりますか?
必ず目立たなくなります。これに例外はありません。

担当医から一言

目の下のタルミとほうれい線は顔が老けて見える一番の原因です。改善させることで若く見えることで、精神的ストレスがかなり緩和されると思います。若くいたいという願望は古代ローマ時代からの永遠の憧れですよね。セカンドオピニオンも兼ねて、ぜひ当院へご相談ください。