涙袋整形とは

理想的な大きく可愛い瞳と言われる比率は、「1:2:1」と言われております。
目の横幅を広げたり縦幅を広げたりと、自然な黒目と白目の黄金比率になるように、症状に合った施術法をご提案させていただいております。

目の下の涙袋(目袋)があると、とても可愛らしく見える印象があり、魅力的に見えます。ヒアルロン酸注射を行うことで簡単に涙袋を作ることが可能です。また、手術でも行うことは可能です。

二重まぶた手術と一緒に行うと非常に効果的でアイメイクも抜群に冴えてきます。

特にこんな方におすすめ

  • アイプチが面倒と感じる方
  • 気軽に試したい方
  • アイメイクをもっと楽しみたい
  • 目元を大きく見せたい方
  • 涙袋を作りたい方
  • 可愛い印象にしたい方

涙袋整形の術式について

涙袋ヒアルロン酸

涙袋は別名”ホルモンタンク”と呼ばれ、涙袋がはっきりしていると魅力的と言われることが多いです。
目が大きく見える人は、男女かかわらず涙袋がある人が多いです。
パッチリと愛らしく、立体的な目元になりたい方におすすめです。
涙袋は、下まつ毛から5~8ミリほど下にあるのが一般的と言われております

自然でふんわりとした雰囲気の目元を作るには、ヒアルロン酸をその位置にバランスを見ながら注入していくことが重要です。

涙袋ヒアルロン酸のメリット

施術は数分で終了します!ダウンタイムもほとんどない!

涙袋形成の症例

ヒアルロン酸注入による症例

涙袋ヒアルロン酸の症例

ヒアルロン酸注入で行う症例パターン。簡単でダウンタイムがほぼありません。

術後の経過とリスク

術後経過 大まかな腫れ:1~4日目程度
生活制限 洗顔とメイク:特に制限なし
コンタクト:特に制限なし
リスク 稀に内出血が出る場合がございます。必ず治ります。

涙袋ヒアルロン酸の費用(税別)

涙袋(両目) ¥39,800
麻酔テープ(両目) ¥3,000

涙袋形成術のメリット

毎回ヒアルロン酸を注入する必要がない!

涙袋形成術の症例

涙袋形成手術による症例

涙袋形成の症例

まぶた裏からのアプローチで行う涙袋形成術。ヒアルロン酸などのフィラーを使っていません

術後の経過とリスク

術後経過 大まかな腫れ:7日目程度
自然に見える:1~2週間程度
生活制限 洗顔とメイク:術後48時間後
コンタクト:術後2日目から
リスク 内出血や腫れが1週間程度続きますが時間経過とともに落ち着きます。

涙袋形成術の費用

涙袋形成手術 ¥250,000

オプション

テープ麻酔

¥3,000

オプション

笑気麻酔

¥30,000

オプション

静脈麻酔

¥100,000

施術の流れ

FLOW1

問診票のご記入をお願い致します。

FLOW2

看護師またはカウンセラーとのカウンセリングをさせて頂きます。

FLOW3

院長による診察がございます。理想のお目元になるようにしっかりご相談してくださいね。

FLOW4

洗顔をお願いする場合がございます。

FLOW5

施術開始。麻酔が無ければすぐ開始させていただきます。

FLOW6

鏡にて確認して頂きます。

FLOW7

問題が無ければ終了になります。お帰り頂けます。

涙袋形成のよくある質問

どれくらい腫れますか?
内出血がなければあまり腫れることはありません。腫れても3日以内に落ち着くことが多いです。
どれくらい持ちますか?
人によって差はありますが、半年から1年の間が多いです。

担当医から一言

お目元のお悩みはさまざまですが、豊富な治療方法からご希望に添えるようなカウンセリングをさせて頂きます。
お気軽にご相談ください。