目頭切開で大きな目もとへ

目頭切開・目尻切開

目頭切開とは、日本人に多い蒙古もうこひだを数mmカットすることによって、目元を大きくし自然な平行型の二重を作ることができる施術になります。目の内側が狭まりますので、目と目の間が離れている方にとっても、理想的な施術になります。切開が数mmと傷跡が最小限にも関わらず、目元が自然で大きく華やかな印象になります。

特にこんな方におすすめ

  • 離れている目と目の距離を狭くしたい方
  • 欧米人のようなぱっちり大きな目にしたい方
  • もうこひだが強いせいで目が小さく見える方
  • 平行型の二重にしたいのに末広型に戻ってしまいやすい方
  • 目の横幅を広げたい方
  • 半永久的に目元を大きくしたい方
  • 二重の幅を広げたい方
  • 二重術をしたけどもっと目を大きくしたい方
  • メリハリのある顔にしたい方
  • 二重にしたけど何となく目が小さい
  • 目もとにインパクトが欲しい
  • 出るだけ二重を平行型にしたい
  • 目が離れた印象を改善したい

目頭切開について

東洋人は末広型になりやすい

末広型になりやすい

東洋人の目頭(めがしら)には蒙古ヒダと呼ばれる皮膚部分があり、二重まぶたのラインが目頭方向に進むにつれて下がる傾向があります。上図のように、特に蒙古ヒダの下に引く力が大きいと、目頭の外眼角と二重ラインが合体して「末広型」と呼ばれる二重ラインが形成されやすくなります。蒙古ヒダは東洋人の場合には多く存在し、独特の二重まぶたを呈します。西洋人は平行型の二重まぶたが多く、二重整形自体が「東洋人」しか受けることのない手術であるとも言えます。

末広型と平行型の違い

末広型と平行型

二重デザインには大きく2つに分かれます。天然の二重を持ったアジア人に多いのは末広型で、目頭とラインが合体しているタイプです。また目頭と合体せずに平行線をキープするタイプを平行型と呼ばれます。

 

目頭切開術の種類

三日月切除法

目頭切開・切除法1

①目頭付近に存在する蒙古ヒダを切除する

目頭に切り取る皮膚をマーキング、麻酔処置の後に蒙古ヒダ領域を涙管(涙の通り道)を傷つけないように気を付けながら切り取ってしまいます。皮膚を切り取ることで、後戻りを出来るだけ防ごうという術式が三日月法になります。

 

目頭切開・切除法2

②鼻側に引き付けるように縫合する

蒙古ヒダ領域を切除後、鼻側へ内眼角(目頭側の角)を引き寄せるように縫い合わせます。切除した分、拡張効果は非常に高い仕上がりとなります。

Z形成・皮弁法

目頭切開・Z法1

①目頭付近にZ状のカット線を入れる

目頭の皮膚にZ状のデザインマーキング、麻酔処置の後に涙管(涙の通り道)を傷つけないように切開線を入れます。皮膚を切り取ることはないので腫れは少ないです。

 

目頭切開・Z法2

②皮膚を起こして入れ違いに縫い合わせる

文章で説明をするには難しいですが、「皮弁」というテクニックの応用を利用した術式です。皮膚を切り取らずに行う術式ですが、変化が非常に乏しいことが多いです。

目頭切開のメリット

目と目の間が広くて離れている方、二重整形を受けたけどいまいちパッとしない方が目頭切開を行うと、雰囲気が華やかになる場合があります。目もとのインパクトを出したいと考えている方は検討する必要があり、派手な雰囲気を演出する効果が十分に期待できるメリットがあります。

術後の経過とリスク

術後経過 基本的には7日後に抜糸
大まかな腫れ:10~14日目程度
自然に見える:1~3か月
生活制限 洗顔とメイク:抜糸2日後から
コンタクト:術後3日目から
リスク 傷がしばらく気になるケース有り(ファンデーションで隠せる程度)

目頭切開の費用(税別)

三日月切除法・Z形成皮弁法とも (両目)¥150,000

目頭切開の症例写真

目頭切開(三日月法)の症例

目頭切開の症例1

単純な切除法での目頭切開です。目と目が離れた印象が改善されているのが分かります。印象が少し変わりますが、受け入れられる範囲だと思います。

目頭切開のよくある質問

目が斜視(俗語でロンパリ、ガチャ目)になりませんか?
絶対になりません。また、常識的にそこまで絶対に切開しません。
傷は目立ちますか?
正直、目立つ方もいらっしゃいます。ケロイド体質にも大きく影響するため、そのような方は止めておいたほうが賢明です
メイク及び洗顔はいつから可能ですか?
術後5~7日程度で抜糸を行い、抜糸2日目から可能です。もちろん個人差があります。
腫れ(ダウンタイム)はいつぐらいに落ち着きますか?
早い方は1週間、遅い方は2週間程度ですが1か月後にはメイクでほとんど分からなくなり、3か月後にはスッピンでも分からなくなるケースが大半です

 

目の開きに影響する手術(眼瞼下垂・グラマラス等)とセットで手術を行わない場合は高頻度で後戻りがあります。具体的な数字はわかりません。

担当医から一言

目頭切開は変化の大きい手術であり、切りすぎると傷が目立ってしまう欠点があります。手術前には十分な話し合いが必要であり、元に戻す手術(目頭戻し)も存在しますが、あまりキレイでは無いので切りすぎ要注意です。