東京ゼロクリニック銀座|二重整形・脱毛・美肌・痩身

美容施術についてWebで相談する
  • 電話番号
  • メール相談
  • LINE相談
  • Instagram

二重手術(埋没法)

  1. HOME
  2. 診療メニュー
  3. 目もとの整形
  4. 二重手術(埋没法)

二重手術(埋没法)とは

ゼロクリニックの二重手術(埋没法)

埋没法は髪の毛よりも細い糸でまぶたを1~数か所留めることによって、ナチュラルな二重のラインをつくる手術です。ダウンタイムの負担も比較的少ないためすぐに日常の生活に戻ることができます。抜糸の必要がなく、万が一ラインの幅を変更したい場合もやり直しが可能なことも人気の理由です。

こんな方におすすめ

  • アイプチが面倒と感じる方
  • 一重を二重にしたい
  • アイメイクをもっと楽しみたい
  • メスを使わず二重にしたい方
  • まぶたに厚みがあまりない方

ゼロクリニックの埋没法①ハイグレード埋没法

ハイグレード埋没法は、出来る限り痛みと腫れを軽減させるためのシール麻酔と吸入麻酔を使った負担の少ない二重まぶた手術です。

ハイグレード埋没法の特徴

まぶた表面シール麻酔

まぶた表面シール麻酔

感覚が鈍感になるまで麻酔シールを貼ったまま、お休みいただき、時間と共に感覚がマヒ、痛みを感じにくくなります。

空気吸入の笑気ガス麻酔(オプション)

空気吸入の笑気ガス麻酔(オプション)

可能な限りの無痛状態を実現する麻酔システムです。鼻チューブから流れる吸入笑気ガス麻酔を使用します。

痛み緩和・リピート点眼麻酔

痛み緩和・リピート点眼麻酔

感覚が鈍感になるまで麻酔シールを貼ったまま、お休みいただき、時間と共に感覚がマヒ、痛みを感じにくくなります。

高濃度・局所麻酔で無痛へ

高濃度・局所麻酔で無痛へ

麻酔濃度を高めた高濃度の局所麻酔を導入。これにより多量の麻酔液を注入することなく鎮痛作用を可能。

極細34Gマイクロ針使用(オプション)

極細34Gマイクロ針使用(オプション)

実際に手術で使用する局所麻酔の針です。 一般に医療機関に販売されている極細マイクロ34G針をさらに細くするため、院長自らがさらに専用砥石を使ってさらに極細処理を行っております。

超極細ストロング糸使用(オプション)

超極細ストロング糸使用(オプション)

ハイグレード埋没法で使用している「超極細ストロング糸」は強度は維持しているにも関わらず、直径0.050mmの構造を実現しており、結び目も非常に小さくなるため異物感をほぼ感じないレベルを可能にしております。

密な強力6点固定が可能

密な強力6点固定が可能

糸の細さを利用して6点止めが可能になりました。ライトタイプ(1~3点)、ネオタイプ(4~6点)まで糸の固定数が選択可能です。ご患者様自身のご要望に合わせて自由にお選びできます。

術後緩和の内服薬

術後緩和の内服薬

手術終了後は腫れを少なくするため、目もとの周囲のアイシング後、内服薬と点眼薬を処方しております。また術後経過の確認で1週間後に再診を行っています。

ハイグレード埋没法のメリットとは

生まれつき自然な末広二重やメイク映えする派手目の二重などあらゆるデザインが可能です。痛みを最小限に抑える効果に特化しており、二重整形が初めての方にオススメです。長年のアイプチやアイテープでカバーしている方、アイプチかぶれでお悩みの方はぜご検討ください。

ハイグレード埋没法の術後の経過とリスク

術後経過
おおまかな腫れ:1~4日目程度
自然に見える:1~2週間程度
腫れている期間は二重ラインが広く見えます。
(時間とともに必ず狭くなります)
生活制限
洗顔とメイク:術後24時間後
コンタクト:術後3日目から可能
リスク
まれに内出血あり。
元の目に戻す埋没糸の回収手術が時間がかかる。

ハイグレード埋没法の費用(税別)

タイプLT(ライト)
自由選択(両目)1点~3点
¥69,800
タイプNEO(ネオ)
自由選択(両目)4点~6点
¥100,000

※上記はすべて自由診療となります

ゼロクリニックの埋没法②アンダーフラット埋没法

ゼロクリニックのアンダーフラット埋没法

まぶたの裏に糸が出ないため、当日からコンタクトが使用可能な二重手術です。また術後の違和感も早く消失するため、目にストレスが掛かりにくい手術方法です。

アンダーフラット埋没法のメリットとは

まぶた裏に糸が出ていなく、術直後のまぶたの違和感が少ないのが特徴です。糸が出ていないため、手術終了後からコンタクトレンズの使用が可能です。又、まぶたの負担も少ないことからダウンタイムも短くなりやすいのも長所です。

アンダーフラット埋没法の術後の経過とリスク

術後経過
おおまかな腫れ:1~4日目程度
自然に見える:1~2週間程度
生活制限
洗顔とメイク:術後24時間後
コンタクト:手術終了後、数分たてばOK
リスク
まれに内出血あり。
元の目に戻す埋没糸の回収手術が時間がかかる。

アンダーフラット埋没法の費用(税別)

両目各1点
¥55,000(片目の場合¥43,000)
両目各2点
¥72,000(片目の場合¥58,000)
両目各3点
¥100,000(片目の場合¥73,000)
両目各4点
¥175,000(片目の場合¥125,000)

※上記はすべて自由診療となります

ゼロクリニックの埋没法③ソフトメディカル埋没法

ゼロクリニックのソフトメディカル埋没法

ソフトメディカル法は切開にて上まぶたの脂肪取り及びライン形成をしているにも関わらず、腫れは非常に少ない二重手術です。また吸収性の埋没糸を使用しているため、まぶたに糸が残りません。仕上がりは自然なライン形成が可能で、持続効果も強力な固定力を実現しております。当院オリジナルの埋没法をぜひ検討しみてください。

ソフトメディカル埋没法の特徴

  1. 脂肪取りでまぶたの腫れぼったさを軽減
  2. 薄い切開であるため傷の縫合不要
  3. 吸収糸なのでまぶたに糸は残りません
  4. 空気の笑気ガス麻酔をメインで行う

ソフトメディカル埋没法のメリットとは

まぶたに糸が残らないため、身体に異物が残ることに抵抗がある方にオススメです。また過去に何度も埋没法を受けており、まぶたに糸が無数に散在している方、まぶたにボツボツと埋没糸が見える方はぜひご検討ください。

ソフトメディカル埋没法の術後の経過とリスク

術後経過
おおまかな腫れ:1~4日目程度
自然に見える:1~2週間程度
腫れている期間は二重ラインが広く見えます。
(時間とともに必ず狭くなります)
生活制限
洗顔とメイク:術後24時間後
コンタクト:術後3日目から可能
リスク
まれに内出血あり。
元の目に戻す埋没糸の回収手術が時間がかかる。

ソフトメディカル埋没法の費用(税別)

両目脂肪取り+スリム切開+吸収糸2~6点
¥298,000(片目の場合¥180,000)

※上記はすべて自由診療となります

二重手術(埋没法)の症例写真

アンダーフラット埋没法(4点)症例

アンダーフラット埋没法(4点)症例

過去に他院にて数回、埋没手術を受けたモニター様。普段からコンタクトを使用しており、あまり眼鏡は使用しない生活をしているとのこと。平行型のラインが希望であり、幅が狭くなることを出来るだけ避けたいので4点を選択されました。アンダーフラット手術にて1時間程度の経過した症例。

ハイグレード埋没法NEO(4点)症例

ハイグレード埋没法NEO(4点)症例

たるみによる軽度の眼瞼下垂でも埋没法で目が開きやすくなった症例。二重のラインを作る際に、まぶたを折りたたんだ状態につくるため以前より目が開きやすくなっていますし、若干、目もとが若返った印象に変化しております。

ハイグレード埋没法NEO(4点)症例

ハイグレード埋没法NEO(4点)症例

上記の方は末広型で作った症例のモニター様です。写真提供のご協力、本当に感謝しております。末広型の二重は作りやすく、東洋人特有の蒙古ヒダに逆らうことなくデザインが出来るため腫れも少なく仕上げることができます。上記の方は二重整形が生まれて初めての方でした。東京、特に銀座では美容外科クリニックが非常に多い中、当院を選んでくださり本当に感謝です。

施術の流れ(ハイグレード埋没法の例)

STEP1

洗顔

洗顔後に目もとに麻酔シールを貼付し、ベッドで横になっていただいている間に麻酔の目薬を行います。

STEP2

二重デザイン

まぶたの感覚が弱くなってきたら、鏡を見ながら医師と一緒に二重ラインのデザインを決定します。

STEP3

麻酔ガス吸引

手術台に横になって目もとの消毒後、鼻に麻酔チューブを装着、チューブから流れてくる麻酔ガスを吸引して頂きます。笑気ガス選択の場合。

STEP4

麻酔注射

吸入麻酔が効いた頃、まぶた裏に極細ニードルの麻酔注射(高濃度麻酔薬)を行うことで完全に麻酔効果が発揮します。笑気ガス選択の場合。

STEP5

手術

麻酔が効いたことを確認後、院長による手術開始、手術時間は平均10分~20分です。

STEP6

アイシング

手術終了後、まぶたのマーキングをふき取り、アイシング後、体調確認後に内服薬等をお渡しして終了となります。

STEP7

再診

術後1週間前後に再診をさせていただいてます(問題が無ければ、来院は不要です)。

二重手術(埋没法)のよくある質問

当クリニックの二重埋没法を受けられた場合、術後の経過につきましては個人差もございますが、目立つ腫れは1週間程度で落ち着くとお考えください。

当日から大丈夫です。

24時間後から入浴可能です。メイクおよびコンタクトの装着は3日目から可能です。

1週間後をめどに腫れが落ち着いてからお願いいたします。

デザイン変更の場合は費用がかかりますが可能です。

患者様によって、理想の留め数は異なりますので、医師と相談をしながら決めていくことをおすすめします。基本的には平行型なら3点以上は必要です。

痛みの軽減に特化したのがハイグレード、違和感の軽減に特化したのがアンダーフラットです。最終的に仕上がりはほぼ同じです。

まぶたのストレスが少ない分、アンダーフラットのほうが短い印象があります。

院長から一言

二重整形(埋没法など)は国内だけでも1万症例以上の実績があり、腫れの少ない強力6点留めが受けられます。当クリニックの二重は簡単には取れません。修正も数多く行っており、二重切開手術、脂肪取りの二重まぶた手術など、二重整形の方はぜひお越しください。

院長:高橋成太
院長:高橋成太

ページのトップへ

Mediaメディア掲載情報

二重整形情報サイトChel-チェルアイズ-で取材を受けました。