東京ゼロクリニック銀座|二重整形・脱毛・美肌・痩身

美容施術についてWebで相談する
  • 電話番号
  • メール相談
  • LINE相談
  • Instagram

眼瞼下垂の改善

  1. HOME
  2. 診療メニュー
  3. 目もとの整形
  4. 眼瞼下垂の改善

眼瞼下垂を改善して大きな目もとへ

眼瞼下垂を改善して大きな目もとへ

目の開きが弱く、額に横ジワを作りながら目を開ける癖がついている方は眼瞼下垂の疾患が隠れています。保険診療では実現できない外観美も備えた仕上がりです。加齢やアイプチ(二重のり)が原因でまぶたの開きが悪くなると、どことなく老け顔の印象を与えてしまう可能性があります。眼瞼下垂とは上まぶたに存在する「眼瞼挙筋」と呼ばれる目の開きに関係する筋肉が緩んでいる等の原因によって発生する疾患です。

こんな方におすすめ

  • 目の開きが悪い
  • 眠たそうに見える
  • 目が小さく感じる
  • はっきりした目もとになりたい

眼瞼下垂手術(挙筋短縮法)術式について

上まぶたが開きやすくなる

上まぶたが開きやすくなる

上まぶたに存在する、上眼瞼挙筋を短くすることで上まぶたを大きく開かせる(挙上)ことを強くすることで、瞳を大きく見せる演出を行います。目が大きく見せると全体的な印象が明るくなり、目つきの悪さや眠たそうな印象を改善できます。

根本的解決を狙う切開式で行う場合

上まぶたが開きやすくなる

メスを使って永久性を狙った眼瞼下垂の改善手術です。原理としては瞼板をつないでいる上眼瞼挙筋を短くする(挙筋短縮)ことで上まぶたの開きが大幅に改善されます。切開線は希望される二重のラインに変更してしまうため、二重幅の広さもご希望の位置に設定することが可能です。問題点としては、切開を行うため、元に戻せなくなります。

切開式のメリット
  • 効果は確実でしっかり引き上げる
  • 元に戻る可能性は極めて低い
切開式のデメリット
  • ダウンタイムが必要である
  • 抜糸が必要である

切らないプチ眼瞼下垂手術で行う場合

切らないプチ眼瞼下垂手術で行う場合

メスを使わない「切らないプチ眼瞼下垂」です。後戻りなどのデメリットもありますが、メスを一切使用しないためダウンタイムの短さが長所です。原理としては瞼板をつないでいる上眼瞼挙筋を短くする(挙筋短縮)作業をまぶたの裏で行います。医療用の糸だけを使った手術で、翌日からメイクが可能、腫れに関するダウンタイムも非常に短く、手術後の二重幅の変更も可能ですが、違和感と後戻りの可能性があるというデメリットも表裏一体である手術です。 

切らないプチ眼瞼下垂手術のメリット
  • 抜糸が無い
  • 糸を外せば元に戻せる
  • プチ整形感覚で受けられる
  • ダウンタイムが短い
切らないプチ眼瞼下垂手術のデメリット
  • 慣れるまで上まぶたの違和感がある
  • 時間とともに元に戻る可能性がある
  • 切開式よりも引き上げ効果は劣る

眼瞼下垂手術のポイント

このシワが強くて深いケースがあります。年齢が比較的若い方(若年性・コンタクト由来)の場合、おでこのシワも非常によく改善されるメリットもあります。眼瞼の構造を熟知している「本物の美容外科医」であれば失敗はありえないはずです。

術後の経過とリスク

術後経過
1週間後に抜糸予定
大まかな腫れ:抜糸3日目程度
自然に見える:1~2か月程度
生活制限
洗顔とメイク:抜糸2日目が推奨
コンタクト:術後3日目から
リスク
まぶたの開きの左右差、閉眼不全など

眼瞼下垂の費用(税別)

切開式・眼瞼下垂の治療
¥400,000
プチ眼瞼下垂術
¥198,000

眼瞼下垂の症例写真

眼瞼下垂の症例写真

20代女性、幼い時より目の開きが弱いことを自覚、額にしわを寄せるように目を開く癖がついていたモニター様。切開による挙筋短縮を行って約1か月以上経過。二重ラインは自然な末広型を希望。

手術による涙袋整形

涙袋形成手術

涙袋形成手術のポイント

毎回ヒアルロン酸を注入する必要がありません。

涙袋形成手術の経過とリスク

術後経過
大まかな腫れ:7日目程度
自然に見える:1~2週間程度
生活制限
洗顔とメイク:術後48時間後
コンタクト:術後2日目から
リスク
内出血や腫れが1週間程度続きますが時間経過とともに落ち着きます。

涙袋形成手術の費用(税別)

涙袋形成手術
¥250,000(両目)
テープ麻酔(オプション)
¥3,000
笑気麻酔(オプション)
¥30,000
静脈麻酔(オプション)
¥100,000

涙袋形成術の症例写真

涙袋形成手術による症例

まぶた裏からのアプローチで行う涙袋形成術。ヒアルロン酸などのフィラーを使っていません。

施術の流れ

STEP1

洗顔

手術前はしっかり洗顔をしてもらいます。

STEP2

デザイン

鏡を見ながら医師と一緒にライン幅などのデザインを決定します。

STEP3

点眼麻酔

手術台に移動、手術前に目薬の点眼麻酔を行い、浸透するのを待ちます。

STEP4

麻酔注射

点眼麻酔が効いた頃、まぶた裏に極細ニードルの麻酔注射(高濃度麻酔薬)を行うことで完全に麻酔効果が発揮します。

STEP5

手術

麻酔が効いたことを確認後、院長による手術開始、手術時間は平均20分~30分です。

STEP6

アイシング

手術終了後、まぶたのマーキングをふき取り、アイシング後、体調確認後に内服薬等をお渡しして終了となります。

STEP7

再診

術後1週間前後に再診をさせていただいてます(問題が無ければ、来院は不要です)

涙袋形成のよくある質問

目を閉じた状態でおでこを指でしっかり押さえます。その状態で目が開かない人が手術必要です。

切開式です。切らないプチ眼瞼下垂は引き上げが弱いです。

未熟な医師が行うと目立ちます。当院は大丈夫です。

術後は水分を控える、頭を高く足を低く寝る、安静と健康生活です。結局、これしかないのです。

上まぶたを上げすぎると狭くなります。また眉と目の間も狭くなります。

院長から一言

眼瞼下垂のよくあるトラブルは「変わっていない」、「左右差がある」、「目が閉じられない」の3つです。ネットなどでよく見かける内容であり、当院でも相談件数は多いです。クリニック選びは何を信じたらよいのか悩みますよね。

院長:高橋成太
院長:高橋成太

ページのトップへ

Mediaメディア掲載情報

二重整形情報サイトChel-チェルアイズ-で取材を受けました。