豊富な治療法から理想の目元へ

目元のお悩みは大きく2つに分けられます。
理想の目元をつくる「目元整形」と、加齢による変化を改善する「アンチエイジング」です。治療法は、メスを使うものから、注射や糸を使った短時間で仕上げる方法があり、患者様のご要望をお伺いしながら施術内容を決めていきます。

初めて目元の美容整形をする方へ

目元のご相談に来る患者様の中には、治療を受けると理想の目になると思っている方も多いです。例えば近年は、一重の方の多くが「二重にしたら目がぱっちりと大きくなる」と思って埋没法を希望されますが、二重だから目が大きく見えるわけではありません。ご自身の目元を希望のラインに仕上げるためには、患者様ごとに異なる肌質・瞼の状態に合わせて適切な治療をご案内する必要性があります。
また加齢による目もとの老化は、他のパーツがどれだけ整っていても目もとが老けているだけで全てが台無しになりますので、アンチエイジング治療は人生の必須要素であると言っても過言ではありません。
つまり目元はその人の印象を大きく左右する部位です。「こんな目元になりたい」という希望を叶えるために、どのような施術が必要なのか、患者様一人一人に合った施術をご提案します。

二重デザインは大きく2種類

末広型と平行型

大きく2つに分かれます。天然の二重を持ったアジア人に多いのは末広型で、目頭とラインが合体しているタイプです。また目頭と合体せずに平行線をキープするタイプを平行型と呼ばれます。手術を受けられる場合、どちらを希望されるかを選択する必要があります。

「埋没法」「切開法」の違い

埋没法と切開法の違い

埋没法はメスを使わず「糸でライン形成する」というものに対し、切開法は「二重ラインに沿って切る」というものになります。どちらを選択するかお悩みの場合、二重整形が初めての方は埋没法、過去に埋没法を受けたが、すぐにラインが取れる方は切開法を推奨します。

目もとの若返りは

目もと周囲の若返り

まぶたのタルミやしわ、上まぶたの陥没など、目もとが老けて見える要素を出来るだけ取り除くことによって若々しい目もとへ変身できます。改善直結に繋がる美容外科手術、レーザー治療、ヒアルロン酸やボトックスなどの注射処置など、様々な治療サービスを行っております。

目元のお悩みから探す

一重・奥二重の悩み
  • 目をパッチリさせたい
  • 暗い印象に見られる
  • アイプチが面倒くさい
おすすめの施術
目が小さい悩み
  • 腫れぼったく見える
  • さらに目を大きくしたい
  • 目の開きが弱い
おすすめの施術
涙袋の悩み
  • 清楚系の目もとにしたい
  • 優しい癒し系にしたい
  • 笑ってみえる雰囲気に
おすすめの施術
たれ目・つり目の悩み
  • 釣り目を直したい
  • 可愛らしい印象にしたい
  • 優しい癒し系にしたい
おすすめの施術
目の上のお悩み
  • 腫れぼったさが気になる
  • まぶたが重く目が開きにくい
  • まぶたの皮膚が余っている
  • 目の上がくぼんでる
おすすめの施術
目の下の悩み・その他
  • 目の下のクマが気になる
  • 目の下のシワとタルミ
  • ゴルゴ線が気になる
  • 他院での手術が不満足
おすすめの施術

 

二重整形が初心者の方にお勧め

二重整形・埋没法シリーズハイグレード埋没法(痛みが少ない)

切らずに自然な二重に。たった5~10分程度で完了する、低価格でハイクオリティーな二重整形。ゼロクリニックの二重まぶた・埋没法は、一般的な埋没法より腫れも少なく、強力にライン固定(6点止めなど)します。詳しくみる

何をしたら良いのか分からない方へ

意外と多い「二重整形」経験者

意外にも二重手術の経験者は多い

外出前のメイクで目もとに多く時間をかけており、その時間を少しでも短縮するアイテムとして二重整形を考えるのも自然の摂理です。美容整形で一番多い手術は「二重まぶた」で、美容に興味がある女性のほとんどが経験しているのではないかと思います。メイク時間の短縮が主なきっかけが多いです。

二重まぶた手術を受ける前に

化粧の基本はアイメイク

外出前は化粧をして出かける女性が一般的であり、特にアイメイクに時間をかけている女性はとても多いような気がいたします。アイプチ(二重のり)を使って目を大きく見せようとする方も多いですが、まぶたの”のりかぶれ”で悩む方も多く、「二重まぶた手術」を受けたほうが健康上も良いと考えるのも当然です。

二整形初心者なら埋没法がオススメ

整形初心者は埋没法を第一選択

二重整形の手術には大きく「埋没法(切らない)」、「切開法(メス使用)」の2種類があり、整形初心者の場合は埋没法を選択される方が大半です。埋没法の場合、糸の回収手術をすれば元に戻せるというメリットもありますが、二重ラインが取れやすいというデメリットも存在します。