ボトックス注射とは

ボトックスはボツリヌス菌から抽出されるタンパク質の一種で、神経伝達物質「アセチルコリン」の伝わりを弱める働きがあり、例としては筋肉が緊張している部分にボトックスを注入すると、神経を通して送られる筋肉を動かす命令が弱められることで、筋肉がリラックスした状態(局所の筋弛緩状態)になるというメカニズムです。



ボトックスは1970年代から眼科、神経内科において、顔面チック(表情筋が突然ピクッと痙攣する疾患)や斜視、斜頚など、筋肉の活動亢進から起こる多くの疾患に用いられており、日本でも眼瞼痙攣の治療薬として、1997年4月から厚生労働省の認可を受けて、安全性の実証の下で様々な一般的な医療機関で幅広く使用されております。



美容治療に応用され始めたのは1980年代後半からで、2002年にはシワ治療薬として米FDA(米食品医薬品局)認可を受けています。美容治療の目的で、全世界での約70ヶ国で使用されており、顔面に関する表情筋のシワ消し治療、筋委縮を狙った下腿(ふくらはぎ)を細くする治療、わき汗を抑制する等の多汗症治療など、他の様々な医療への応用を近年では活発に行われております。

ボトックスビスタ®という製品名 成分は「ボツリヌス・トキシン」

ボトックスビスタ®はボツリヌス・トキシンと呼ばれる成分が含まれた商品名で。一言でいえば、ボトックス®は筋肉の緊張を弱めてしわを緩める作用があります。

皮膚に対してしわを水平方向に改善する作用があり、しわを含んだ皮膚の領域が伸ばす働きがあります。例えるなら「クシャクシャになったハンカチにアイロンをかける」というイメージに近くなります。これはボツリヌス・トキシンの筋弛緩作用を利用したもので、シワを伸ばす以外にも汗を止めたり、肩こりを改善したり、足(ふくらはぎ)を細くしたりする使い方もあります。

 

当院では2種類のボツリヌストキシンを扱っております。

ボトックスビスタ(botox)

 

 

アメリカ製:アラガン社 ボトックスビスタ

ボツリヌス・トキシン治療の中で米国アラガン社のボトックスビスタ®が世界的に有名であり、世界で最初に特許を申請した経緯があります。しかしアラガン社がブランド品質を保持しているため卸値も効果で、治療費が高くなります。

 

 

 

ボツリヌス・ニューロノックス®

 

 

 韓国製:ニューロノックス   ボツラックス 

美容整形大国である韓国メーカーが、ボトックス後発品として販売されているものとして代表的なボツリヌス・トキシン製剤です。米国アラガン社製品よりも卸値が安価であり、効果も十分に実証済みです。

 

 

妊娠中のボトックス治療は不可

ボトックスは、妊婦および胎児に対する安全性が確立されていません。 妊娠中の方、または妊娠している可能性のある方はボトックス治療を受けることができませんので、該当する方は必ず医師に申告してください。
授乳婦の方についても同様です。
ボトックス治療後は女性で2ヶ月、男性で3ヶ月間の避妊が必要です。

 

治療メニューから探す

しわ消し
  • 額、眉間、目尻などの表情しわが気になる
  • ちりめんじわが気になる
おすすめの施術
小顔
  • エラが張ってる
  • 小顔になりたい
  • 歯ぎしりがひどい
おすすめの施術

 

わき汗
  • 緊張するとわきに汗をかく
  • 汗が衣服にしみてしまう
  • 手術は怖い
おすすめの施術
ふくらはぎ注射
  • ふくらはぎがししゃものよう
  • スポーツをされていた
おすすめの施術
肩こり 首長
  • マッサージしてもなかなか改善しない
  • 肩回りをほっそりと首長にしたい
おすすめの施術