東京ゼロクリニック銀座|二重整形・脱毛・美肌・痩身

美容施術についてWebで相談する
  • 電話番号
  • メール相談
  • LINE相談
  • Instagram

院長ブログ

  1. HOME
  2. 院長ブログ
  3. お役立ち情報
  4. 埋没法の手術について・術直後の痛みと腫れはどうなの?

埋没法の手術について・術直後の痛みと腫れはどうなの?


埋没法の手術について・術直後の痛みと腫れはどうなの?

埋没法の手術について・術直後の痛みと腫れはどうなの?

※上記写真は一般的な埋没法の手術風景です。

理想の二重まぶたを求めて(東京・銀座)

埋没法の手術時の痛みと、術後の痛みについて、気にされている方は非常に多いと思います。 その際、経験者の方の意見は非常に参考になります。私が実際に手術を行ってきた患者様の意見を参考に、内容をまとめてみました。これが全ての人にあてはまる訳ではないかもしれませんが、これから二重手術(埋没法)を検討中の方の参考になれば幸いです。

実際の埋没法手術・術後の痛み手術開始の麻酔の注射

笑気ガスなどの吸入麻酔などを使用しなかった場合、手術中に感じる痛みは直接まぶたに行う局所麻酔が一番のポイントになります。
局所麻酔はまぶたを糸で縫う前に、まぶたの表側(表皮)とまぶたの裏側(結膜)に行います。
注射の麻酔は何回刺すかは埋没糸が何点止めるかによって変化します。
言い換えたら、止める本数が多いと麻酔の数も増えます。
患者様にとって気になるのが「局所麻酔ってどれくらい痛いのか?」だと思われます。

  • まぶたの注射が痛すぎる思い出がある
  • 想像していたよりも痛くない記憶だった
  • 恐怖感が先行していてよく分からなかった
  • 我慢できる程度の痛みだった

上記のように色んな意見がありますが、結局のところ、局所麻酔の痛みは医師の腕と経験数、その時の患者様の体調によって大きく変わると思っています。
患者様は医師を選ぶことができます。医師の腕が確かスムーズに局所麻酔ができる技術を持っているなら、痛みはほんの一瞬で終了すると思われます。
しかし、患者様本人のその時のコンディションも多少影響するのも事実です。
例えば、コンタクトが原因による若干の結膜の腫れや炎症などがある場合などになります。
手術を受けられる際は、体調が万全の時がベストかと思われます。

術直後の痛みについて熱をもったような感覚・じんじんする鈍痛

術後すぐは、まぶたを縫ったところがジーンとしみるような痛みの感覚があるという意見が大半でした。じんじんする鈍痛という表現ですが伝わるでしょうか?
当院では埋没法の手術を受けられた患者様には痛み止めを処方しておりますので、それで対応して頂いてます。
ズキズキする痛みというより、「なんとなくしみる痛み」という感覚です。
手術が終わった後、サングラスをかけて東京・銀座で食事や買い物に行かれる方がほとんどなので、耐えられない痛みでは無いようです。

術直後の痛みについて目をキョロキョロするとジクジクする

これもよく聞くご意見でした。基本的に術後から麻酔が徐々に抜けてくるため、注射針による痛みが発生します。
腕に注射をした際、しばらくは注射の跡がじくじく痛む経験はあるかと思います。その痛みがまぶたに発生しているのです。この痛みに関する対応策は単純で、手術当日は安静にすることがベストです。それ以外に方法はなく、一番有効な手段となります。

術直後の痛みについてまぶたを強く触れると発生する痛み

こればかりはどうしようもなく、必要最低な時以外はあまり触れないことを推奨します。埋没法の手術はたとえプチ整形であっても、やはり立派な手術であるため患部は触れないように生活をすることが大事です。
投稿ブログ、ツイッター、インスタなどで検索してみると「埋没法をしたあと、まぶたにものがぶつかるととても痛い」というのは、当然ことなので、埋没法の手術を受けたら、まぶたがぶつからないように心掛けましょう。
また折角痛い思いをして埋没法の手術を受けたのに、ぶつけたことでラインが崩れてしまうことは避けたいものです。

埋没手術の1週間後徐々に改善されていく痛み

埋没法で二重まぶたにしてから1週間までの期間は上記で説明したような痛みが最初の3日間がピークで徐々に軽減していくという意見が多いです。
安心して頂きたいのは、その痛みがずっと続くわけではないということです。
1週間が経過したころには随分と痛みも腫れも治まっており、たいていの人は普通の日常生活に戻っております。メイクをすれば外見上の不自然さも分からないことが多いです。しかしまだまだ真の腫れは引いていないので、あまり患部をゴシゴシ触るのは控えた方が賢明だと思います。

二重の幅の変化

埋没法の手術直後は、患者様のご希望されている二重ラインの幅がかなり広くなっています。原因は麻酔液によるむくみと炎症による腫れが二重の幅を広く見せています。1週間もたてば、当初の目的の幅にかなり近づいており、必ず狭くなってきます。埋没法を初めて受けられる方にとっては、幅が広すぎて不安になる方も多いですが、それは一時的なものであって必ず狭くなるのでご安心頂けたらと思います。

ドライアイとの関連性

埋没法(二重まぶた)の手術を受けると、目の開きが若干良くなってきます。
いままで開ききってなかった上まぶたが大きく開き始めるため、眼球が空気に触れる面積が増えてきます。その結果としてドライアイになると言われていますが、実際のところは腫れと炎症によるまぶたの不完全な閉眼(目を閉じる意味)が原因と考えており、1週間もたてば大まかな腫れもすっかり治まっており、問題ないことがほとんどです。その期間は処方されている点眼薬を頻回にさしておけば大丈夫なので心配ないと思われます。

ハイグレード埋没法痛みを最小限にするための工夫

当院、東京ゼロクリニック銀座では二重整形の埋没法を受けられる方の痛みと腫れを出来るだけ解消して頂くために、あらゆる麻酔を駆使したサービスを提供しております。お陰様でこの手術を希望される患者様も増えてきており、口コミで広がってきているため、嬉しい限りです。しかもマイクロスレッド両目6点止めで49,800円(税別)で行っており、赤字覚悟のサービスを提供しております。
東京の有名観光地・銀座でこの価格で行っているのは当院、東京ゼロクリニック銀座だけだと思います。

  1. 笑気ガス麻酔、又は静脈麻酔が選べる
  2. まぶたの表面にシールの麻酔を使用
  3. 針と糸を極細にしている
  4. まぶたに負担をかけない縫い方

笑気ガスとは小児歯科などで使用される「空気の麻酔」です。特殊なチューブで鼻から笑気ガスを吸引することで痛みの軽減がおきます。
静脈麻酔とは点滴で行う「眠る麻酔」です。非常に恐怖感が強い方の場合に行っておりますが、一度寝てしまうとなかなか目が覚めない、寝ているため患者様との意思疎通が出来ないという欠点もあります。

透析に通われている患者様などは腕に針を刺すとき等に使用するシール麻酔を併用しております。まぶたに貼付してしばらくお休みになられると徐々に感覚がなくなってきます。

当院では極めて細い針と糸を使用して埋没法の際に使用しております。
これらの道具を使用することによって、手術の時のついてしまう針跡を最小限に抑えて出血や腫れなどの合併症を極めて小さくすることが可能です。

当院では埋没法の縫い方にかなり工夫をしております。
一般的な埋没法は止めた糸が食い込むぐらい縛っているためダウンタイムが非常に長くなっており、また糸を止めた位置もかなりくぼんで1カ月経過した後も止めた場所がわかってしまうという結果が多い気がします。
出来るだけ、止めた位置がバレにくいような術式を採用しており、ダウンタイムを出来るだけ短期間ですませるように心掛けています。

監修:高橋成太 監修:高橋成太

2003年に兵庫医大卒を卒業後、麻酔科勤務、大手美容外科勤務、美容外科クリニックを長年務めた後に2019年6月に銀座・新橋にて地域密着型の美容専門「ゼロクリニック」の開設に至る。韓国、ロサンゼルス、インドネシアの美容治療での訪問研修で養った知識を生かした美容医療を展開する。

ページのトップへ

Mediaメディア掲載情報

二重整形情報サイトChel-チェルアイズ-で取材を受けました。