減らずに成長するプチ豊胸・ソフトインプラント豊胸など

1⃣成長因子+ポリ乳酸(PLA)注入

日帰りで簡単プチ豊胸・減らずに成長する

東京ゼロクリニック銀座では人工インプラント挿入による豊胸手術に抵抗のある方に脂肪成長因子を加えたポリ乳酸(パワーフィル®)及びヒアルロン酸を混合注入する日帰りプチ豊胸の診療を行っております。

ポリ乳酸(PLA)とは

ポリ乳酸(PLA)は手術用の縫合糸や糸を使ったフェイスリフトなどの素材でも含まれている植物由来の糖を主成分とした製剤です。
特徴として注入後、時間をかけて自身の細胞や組織生成を促す効果があり、いずれ自己組織に置き換わることが可能です。
使用されるようになった経緯として、脂肪組織萎縮症に対する治療法の一つとして海外で20年以上の使用実績があります。また、米国食品医薬品局(FDA)でも認可されている安全性の確立された医薬品であり、注射後5日程度で水と二酸化炭素に分解されて体内には残りませんが、注射部位に結合組織等を生成させる働きがあるとされています。東京ゼロクリニック銀座ではスカルプトラ等のポリ乳酸(PLA)を使用したクイックフェイスリフトや豊胸手術などの経験も豊富です。ご興味のある方はぜひご相談ください。

置き換わるまでの期間を GANA HA Body(ガナ・エイチエー・ボディー) でカバー

直後から膨らんだ胸を実現するヒアルロン酸も追加

東京ゼロクリニック銀座では成長因子+ポリ乳酸(PLA)を注入すると同時に、脂肪組織が増えるまでの期間の代用として GANA HA Body(ガナ・エイチエー・ボディー) と呼ばれる豊胸用ヒアルロン酸でカバーしております。

GANA-Haボディーとは

ハイブリッド架橋ヒアルロン酸として有名な GANA HA Body(ガナ・エイチエー・ボディー)は形成外科医が開発したヒアルロン酸製剤で高い安全性が認められています。

バストのサイズアップはもちろん、加齢に伴うバストのしぼみ改善に効果があります。ヒアルロン酸を注入するだけで手術のいらない豊胸術です。