目頭切開・目尻切開

目頭切開で大きな目もとへ

目頭切開・目尻切開

目頭切開の目的について

現在の二重が末広型であり、それが許せない方は多くいらっしゃいます。目頭切開手術とは「出来るだけ平行型に近づけつつ、目を大きく見せる」のが最終目的となります。

東洋人は末広型になりやすい

東洋人の目頭(めがしら)には蒙古ヒダと呼ばれる皮膚部分があり、二重まぶたのラインが目頭方向に進むにつれて下がる傾向があります。
末広型の二重ライン
上図のように、特に蒙古ヒダの下に引く力が大きいと、目頭の外眼角と二重ラインが合体して「末広型」と呼ばれる二重ラインが形成されやすくなります。蒙古ヒダは東洋人の場合には多く存在し、独特の二重まぶたを呈します。西洋人は平行型の二重まぶたが多く、二重整形自体が「東洋人」しか受けることのない手術であるとも言えます。

平行型と末広型の違い

平行型と末広型

東洋人は末広型型になりやすい

二重のラインは大きく分けて平行型(A)と末広型(B)に分かれます。どちらが好みかに分かれますが、平行型の方が人気が多い傾向にあります。理由としては平行型の方が目が大きく見える、あるいはメイクがしやすいなどが挙げられます。

手術の種類・切除法

目頭切開・切除法1-1

①目頭付近に存在する蒙古ヒダを切り取る

目頭に切り取る皮膚をマーキング、麻酔処置の後に蒙古ヒダ領域を涙管(涙の通り道)を傷つけないように注しながら切り取ってしまいます。皮膚を切り取ることで、後戻りを出来るだけ防ごうという術式が三日月法になります。

目頭切開・切除法1-2

②鼻側へ引き付けるように縫い合わせる

蒙古ヒダ領域を切除後、鼻側へ内眼角(目頭側の角)を引き寄せるように縫い合わせます。この時、縫い合わせが雑だと傷が目立ちやすくなるため、ケロイド体質の方は止めたほうが良い手術です。ケロイド瘢痕などの相談も行っておりますのでご相談ください。

手術の種類・Z法

目頭切開・Z法2-1

①目頭側の皮膚に「Z」のカットを入れる

蒙古ヒダ領域を切除後、鼻側へ内眼角(目頭側の角)を引き寄せるように縫い合わせます。この時、縫い合わせが雑だと傷が目立ちやすくなるため、ケロイド体質の方は止めたほうが良い手術です。ケロイド瘢痕などの相談も行っておりますのでご相談ください。

目頭切開・切除法2-2

②皮膚を起こして入れ違いに縫い合わせる

文章で説明をするには難しいですが、「皮弁」というテクニックの応用を利用した術式です。皮膚を切り取らずに行う術式ですが、変化が非常に乏しく、目頭部分にドッグイヤーと呼ばれる膨らみができることもありますので、Z法を行うには十分な診察が必要です。

目尻切開・靱帯移動術

目尻切開・靱帯移動1

①目尻の内眼角に切開を入れる

当院の術式としては目尻側に外眼筋を傷つけないように真横へ切込みを入れます。切り込む長さには限界があり、粘膜の赤みが目立ち過ぎない程度までで留めるように注意しております。皮膚は切り取ることはありません。

目尻切開・靱帯移動2

②靱帯を移動させて縫合

割いてカットした目尻の部分を後戻りしない程度に靱帯移動及び縫合を行って終了となります。この術式を行うと、目尻側のまつ毛が上と下に離れ離れになってしまうという欠点がありますが、目のパーツが顔の中央に寄りすぎているのを気にされている方は挑戦したくなる手術です。また皮膚を切り取る術式も行っておりますので、ご相談ください。


よくある質問

Q1:目が斜視(俗語でロンパリ、ガチャ目)になりませんか?
A1:絶対になりません。また、常識的にそこまで絶対に切開しません。

Q2:傷は目立ちますか?
A1:正直、目立つ方もいらっしゃいます。ケロイド体質にも大きく影響するため、そのような方は止めておいたほうが賢明です。

Q3:メイク及び洗顔はいつから可能ですか?
A3:術後5~7日程度で抜糸を行い、抜糸2日目から可能です。もちろん個人差があります。

Q4:腫れ(ダウンタイム)はいつぐらいに落ち着きますか?
A4:早い方は1週間、遅い方は2週間程度ですが1か月後にはメイクでほとんど分からなくなり、3か月後にはスッピンでも分からなくなるケースが大半です。

目頭切開・目尻切開の費用

目尻切開(切除法・Z法・V-Y法)
(両目) ¥198,000
モニター料金¥150,000~
目頭切開(靱帯移動術)
(両目) ¥198,000
モニター料金¥150,000~

詳細は無料カウンセリングでご相談ください。

タレ目形成(グラマラス)

下眼瞼下制(たれ目形成)について

下眼瞼下制(たれ目)・グラマラス

グラマラスラインとも呼ぶタレ目を形成する下眼瞼下制術は、下瞼の下に下げることで目の縦幅を大きくする施術です。
背術後は目尻が垂れ下がって見えるため、顔の印象を優しく穏やかな印象に変化させたい方にお勧めです。また、目尻切開も同時に行うことで下瞼を下に下げるだけでなく、目尻の外側にも広げることでより大きく見せることも可能です。

下眼瞼下制のシェーマ

下まぶた裏側から数ミリ切開を入れて、下方向へさげて吸収糸で固定する手術が一般的です。切開はまぶた裏側のみになるため表面からの傷は見えません。眼瞼下垂の手術とセットで行うことでより大きな目もとへ変身します。下眼瞼下制には大きく2種類の術式があり、まぶた裏から行う方法が一般的ですが、あまり強く下げると逆まつ毛(内反睫毛)になり、表からの切開術も必要になるケースもあります。

下眼瞼を下げることでたれ目にする

まぶた裏側のみであれば手術自体は非常に簡単であり、20分程度で終了します。特に目尻側を大きく下げたという要望が多いですが、全体的に下がることが多く、ほんの少し笑うことでたれ目が強調されることが多いです。腫れに関しては様々で皮膚の内出血というものは無く、白目(結膜)の内出血(結膜下出血)が発生する場合があります。見た目は非常に驚きますが、2週間程度で必ず改善されます。二重整形だけではインパクトが弱いと感じている方は下眼瞼下制をセットで行うことで強烈なインパクトが生まれます。

たれ目形成(両目)¥198,000

モニター募集 ¥149,000~
たれ目形成+表皮切除(両目)\320,000 

モニター募集 ¥219,000~

目もとの他院修正

二重ラインの左右差

一番多い修正①・幅の左右差

本当に多い相談で、二重ラインの左右差がある、または片方のラインが取れてしまった等、幅の違いを修正する相談が多いです。埋没後の修正は比較的に簡単ですが、切開後による修正は少し難易度が上がりますが、他院修正は頻繁に行っております。

切開後の瘢痕

時々ある相談②・傷がケロイド化

時々ですが、傷ケロイドの修正希望される患者様の問い合わせがあります。これは体質に左右されることが多く、事前に「ケロイド体質かどうか?」を聞かなかった医師側にも問題があると思いますが、原因はいずれにせよケロイドが出現した場合は2カ月以上経過を見て、改善がされなかった場合は治療無しでは改善は期待できないと思っています。

手術後に目が開かない

かなり稀な問題③・目が開かない

この原因は未熟な医師による強引な脂肪りや二重切開を行った結果、「上眼瞼挙筋の断裂」をさせてしまった等が考えられる合併症です。未熟な医師による実験台になった可能性が高く、責任は全て執刀した医師にあり患者様の落ち度は無いと考えます。当院では挙筋断裂の再建症例は数多く行っていますが、「他で修正したから責任は取らない」と逃げ口を作ってしまう可能性があります。

上記以外の問題など

二重整形の術後問題は様々ですが、だいたいは上記3つの内容が大半を占めています。もし何らかのトラブルが発生したら必ず最初は手術を受けたクリニックへ相談に行くのが賢明です。良識のある医師なら無料で治療および処置をしてくれるはずですが、ポイントは必ず手術をした同じ医師に相談することです。理由は他の医師が途中から入ると責任逃れをする口実を与えてしまうこと、再び傷を開く際は執刀した医師が一番詳しいはずであること、同じ医師の方が責任を感じているため真剣に取り組んでくれること、などです。
「どうしても同じ医師の下へ手術をお願いするのは抵抗がある」場合はセカンドオピニオンで当院を受診してください。無料カウンセリングで修正相談を行っていますので、ご安心頂けたらと思います。