目の開きを改善させて大きな瞳へ

眼瞼下垂について

上まぶたに存在する瞼板挙筋が緩んでいる

加齢やアイプチ(二重のり)が原因でまぶたの開きが悪くなると、どことなく老け顔の印象を与えてしまう可能性があります。
眼瞼下垂とは上まぶたに存在する「眼瞼挙筋」と呼ばれる目の開きに関係する筋肉が緩んでいる等の原因によって発生する疾患です。

挙筋が緩くなると目の開きが悪くなる(眼瞼下垂)

左図のようにまぶたの挙筋が緩むと必然的に引き上げる力が弱くなり、目の開きが不十分になります。目の開きを改善する近道としては挙筋を短縮する、あるいは折りたたむ(タッキング)ことにことによって改善されます。


術式① メスを使わない方法「プチ眼瞼下垂」

左図のように、まぶたの裏側からメスを使わず、糸のみを使って改善する方法です。メスを使わない分、ダウンタイム(腫れてる期間)が短く、プチ整形感覚で受けられる長所もあります。

メリット

  • プチ整形感覚で受けられる
  • ダウンタイムが短い
  • 抜糸が無い
  • 糸を外せば元に戻せる

デメリット

  • 慣れるまで上まぶたの違和感がある。
  • 時間とともに元に戻る可能性がある。
  • 切開式よりも引き上げ効果は劣る

術式② 根本的に改善させる「挙筋短縮法」

左図のように上まぶたに切開を入れて、挙筋自体を直接短く縮めてしまう(挙筋短縮)を行うことで改善されます。これは根治両方であり、引き上げも強く、しっかり目の開きを確保できます。

メリット

  • 効果は確実でしっかり引き上げる
  • 元に戻る可能性は極めて低い

デメリット

  • ダウンタイムが必要である
  • 抜糸が必要である

費用

眼瞼下垂の改善
プチ整形・メスを使わない「プチ眼瞼下垂手術」 ¥ 198,000(両目)
しっかり上げるゼロ式「挙筋短縮法」 ¥ 400,000 (両目)
オプション追加 笑気ガス吸入麻酔 +¥30,000
オプション追加 睡眠導入+静脈麻酔 +¥100,000