切らない糸リフトで劇的改善介

韓流ブルーローズリフト

最強の引き上げ力・溶ける糸リフト

ブルーローズリフト

ほうれい線や頬のタルミを気にされる方、切るフェイスリフトに抵抗にある方はぜひ当院の切らないフェイスリフト「ブルーローズ」をぜひご体験ください。劇的な若返りとシャープな小顔が得られます。他のリフトとは全然違う引き上り感、後戻りの少なさは群を抜いています。
フェイスリフト手術という最終手段よりもレーザー治療という選択肢もありますが「目に見えてわかる」という効果はやはり手術には勝てません。また糸リフトを受けた場合、月々のメンテナンスが不要であり、確実なリフトアップが「目に見えて」分かるのは勿論のこと、劇的改善が現実のものとなります。

強力な引き上げ力

ブルーローズ症例1-1
ブルーローズ症例1-2

当院で行ったゼロ式ブルーローズの術後経過です。よく「糸のリフトをしてもすぐ元に戻る」、「変化は最初だけ」とか書き込みで見かけたりします。では後戻りの原因を以下に列挙していきたいと思います。

  • 糸の長さが短い(耳前から口の横まで程度)
  • トゲの強度が低い(糸のひっかかりが弱い)
  • 皮膚を上げていない(ただ糸を入れただけ)

後戻りの原因をカバーして長期持続

長く入れる(側頭部~口角)

ブルーローズリフトは長く入れるほうが良い

後戻りの原因を回避する技術として側頭部から口角付近にかけて20cm以上の長さをセットすることに徹しています。一般的な方法では耳前から口角にかけて短めの糸を通す術式を行っていますが、これだと2~3カ月で元に戻るという意見が多いです。東京ゼロクリニック銀座ではこの術式は採用せず、ひたすら長い糸を通すことで長期持続を狙っています。 こめかみ部分を基軸として、Vターンさせた溶ける糸「ブルーローズ」を輪郭ラインに沿って挿入、こめかみ方向へ向かってしっかり引き上げた状態で強力にロックします。

コグ(とげ)が360度に配置

ブルーローズリフト・糸の構造が360度回転しながら設置

糸に付いてるコグ(とげ)は一定の間隔で配置されています。単純に考えたら、短い糸と長い糸だと、長い糸の方がコグ(とげ)の数は増えます。ブルーローズの場合、引き上げの強度を増すためにコグ(とげ)の配置を360度回転させながら付けています。その結果、どの方向からでもひっかかりが強くなり、引き上げ力は増加させるという工夫がされています。

ひたすらしっかり上げておく

ブルーローズの糸を通したらしっかり上がておく

後戻りの原因として一番多いのは「ただ糸を通しただけ」というパターンが多いです。理由は強く引き上げると、頬によじれやボコツキが出るのを恐れるため、ほとんど上げていないのが現状です。特に耳前から短い糸を浅く通す場合、エクボやボコボコが出ることが多く、ほとんど上げていません。当院では限界までしっかりあげて固めるように行っています。しかも皮膚の深い部分をしっかり引き上げるため、エクボやボコツキはほとんど出ません。

 ブルーローズの費用はこちら 

Vターン技術で劇的効果

驚異のブルーローズリフト

こめかみ部を軸としてVターン強力ロック

Vターンリフトの症例

現在では様々な糸を使用したフェイスリフト術が編み出され、糸の種類も試行錯誤を繰り返して色んな用途に適したフェザースレッド(ギザギザ糸)が考案されて世の中に発表されました。当院では過去の手術経験から、一番よく固定されるタイプとして韓国由来の溶ける糸(PDO)「ブルーローズリフト(Blue Rose Lifting)🄬」のフェザースレッドを採用、こめかみ部を基軸としてVターンさせることで強力に弛んだ皮膚をガッチリ引き上げます。

東洋人向けにアレンジ

海外製品が輸入されても、日本人に適しているとは限らないケースも多くみられます。西洋人と違って東洋人の場合は皮膚も固く、また特に日本人は肌の組織構造が弾力性が無い割に繊細であるため、手術道具一つ一つに関しても改良を加えて、出来る限り腫れの少ないように日々研究努力をしております。
また結果を重視する韓国スタイル、自然な仕上がりを求める日本スタイルのどちらでも対応可能です。

糸の種類と素材について

糸を使ったフェイスリフトには大きく2種類があり、「溶ける糸」と「ナイロン糸」を使用した術式があります。ブルーローズは先述のように糸の周りを360度回転しながらトゲが存在し、ちょうど「バラのトゲ」のように見えるため命名されました。溶けるタイプの糸(PDO)になります。

 Vターンリフトの費用はこちら 

ブルーローズ以外の糸も使用

相性の良いハイパーリフト

ハイパーリフトのみの症例
ハイパーリフトの拡大図

上図のようにブルーローズは「バラとげ」タイプですが、交互Vタイプの形状をした溶ける糸(PDO)「ハイパーリフト(Hyper Lifting)🄬」も併用しております。理由はこめかみ部分からのVターンリフトで挿入するブルーローズだけではマリオネット線がカバーできないため、 交互Vタイプ の糸も併用を行っております。そうすることでフェイスライン全体をカバーすれば若返り感はかなり満足できると思っております。

ブルーローズに交差するよう挿入

口角からこめかみ部分にかけてまっすぐに挿入し、ブルーローズと絡めて、ほほ領域およびマリオネットラインの引き上げ固定を行います。ブルーローズを使用したVターンリフトの違いは、ハイパーリフト🄬はこめかみ部分にターンしないので、固定軸が存在せずに皮膚真皮層に浮いた状態(フローティング)で挿入されているということです。 ハイパーリフト糸の単体では基軸となる部分がない状態(皮膚の中で浮いた状態)になるため引き上げ力は弱いですが、ブルーローズの末端を基軸として固定を行っていくため、持続効果をより強固にしていきます。

糸リフトのセールスポイント

  • ダウンタイムが取れない方
  • レーザー治療では満足できない方
  • 自然より、やや強めの変化が欲しい方
  • 初めてフェイスリフトに挑戦する方

糸リフトに関するリスク

リスクの無い手術など存在しない

残念ながら、どの手術に関してもリスクというものが付いて回ります。以下に示すリスクをご理解の上で手術を受ける必要があります。また詳細に関しては無料カウンセリングの際に丁寧にご説明させていただきます。

主なリスクについて

  • 手術直後から2~3日は食事の際にこめかみ部分に痛みが走り、1週間程度で「何となく痛い」状態が続き、1か月後ぐらいに慣れてきます。その期間を乗り越える必要があります。
  • 時間と共に糸が溶け出すと同時に若干伸びてくるため、引き上げが弱くなるため、防止策として手術直後はかなり強めに引き上げておく必要があります。
  • 非常にまれですが、こめかみ部分に何らかの雑菌が侵入した場合、感染による腫れ、痛み、発赤が生じます。原因として患部止血の不十分な状態での洗髪行為、かゆみのため掻いてしまう、既存疾患や体調不良による免疫不全などがあります。そのようなケースが発生した場合はすぐにご来院下さい。無料で診察及び治療を第一優先で行います。
  • 極めて非常にまれですが、何らかの原因(顔面打撲などの物理的作用など)で溶け出す前に挿入糸の破損が起きた場合、糸の飛び出し等が起きることも否定できません。その場合も、とにかくご来院下さい

サブアイテム・4Dコラーゲンリフト

網目状に極細糸を挿入して固定

真皮層に存在するコラーゲン組織は肌の張り感に大きく影響します。吸収性の極細糸を網目状に挿入することで皮膚が強化されてると同時にコラーゲン生成が活性化して、肌の張りとツヤを出す術式です。 以前はショッピングリフトと呼ばれていましたが、最近ではコラーゲンリフトと呼ばれることが多いです。

30G極細糸を使用している

上図のように実際の糸はかなり極細であり、異物感を感じることがほとんどありません。肌のたるみ防止、現状維持に関しては高い効果を発揮する術式です。徐々にコラーゲン生成が行われるため、周囲には整形したことがばれにくいのも長所です。もちろん溶ける糸なので安心です。

ブルーローズ等の費用
術式(局所麻酔代込み) 費用(税別)

ブルーローズリフト
(Vターン・合計4スレッド)
+
ハイパーリフト
(ストレート・合計2スレッド)

¥240,000

ブルーローズリフト
(Vターン・合計8スレッド)
+
ハイパーリフト
(ストレート・合計2スレッド)

小顔注射
(チンセラ+)

¥380,000

ブルーローズリフト
(Vターン・合計8スレッド)

¥280,000

ブルーローズリフト
(Vターン・合計12スレッド)
※モニター割引あり

¥420,000

ハイパーリフト
左右で各4スレッド
(計8本スレッド)

¥400,000

ハイパーリフト
左右で各5スレッド
(計10本スレッド)

¥500,000

4Dコラーゲンリフト
(総数10本)
¥40,000
4Dコラーゲンリフト
(総数50本)
¥200,000
4Dコラーゲンリフト
(総数100本)
¥400,000
笑気ガス吸入麻酔 +¥20,000
睡眠導入・静脈麻酔 +¥80,000